商談スキル強化研修を取り入れて営業力を高めようColumn

営業力とは

営業力とは

企業を経営していく中で、従業員の営業力はとても重要になってきますが、営業力とは何かという問いに対して、明確に答えることができない人もいるでしょう。
営業力は商品やサービスを売る力といったイメージを持っている人が多いようです。
しかし、営業力を強化する取り組みは、売る力だけを強化するわけではありません。
営業力は、4つの能力に分けることができます。
それは、人間力、商談スキル、知識、マネジメント力です。
顧客に好かれる、交渉の効率が良い、自社製品に対する知識、顧客が持っている課題を理解し、解決策を提案できるなどを意識すると営業力の強化につながります。
特に、商談スキルは重要なポイントです。
従業員の営業力が足りないと感じている企業も多いのではないでしょうか。
その場合は、企業研修を取り入れてみてください。
商談スキル強化研修を企業研修で導入し、従業員の営業力を効率的に向上させていきましょう。

商談スキル強化研修で身につくこと

商談スキル強化研修で身につくこと

営業力のない人の特徴は、自社の商品やサービスの説明ばかりで顧客の話を聞かない、顧客が抱えている問題を明確に理解できずに間違った解決策を提案する、顧客が得るメリットだけを伝えるなどです。
営業力のある人は、顧客の立場に立って物事を考えます。
これは自社にとっての利益を犠牲にしているのではなく、自社ができる範囲で顧客のことを考えて提案しているのです。
営業力のない人は、自分本位の考え方ばかりで、売りたい一心で説明しています。
そこで、商談スキル強化研修では、顧客からの信頼、情報を獲得するために必要なヒアリング力と質問力を身につけていきます。
ヒアリング力と質問力が向上すると全体の商談スキルがアップするのです。
一つの質問から得る情報量、質を向上させて顧客の顕在ニーズと潜在ニーズを把握します。
そして、それらのニーズに応える解決策を効果的に伝え、信頼を得る流れです。
顧客のニーズと問題点を共有し、自社の商品やサービスを提案できる力を身につけて、より交渉効率の高い商談ができるようになるのが商談スキル強化研修です。
営業力を上げたいと企業は、企業研修で商談スキル強化研修を取り入れてみてはいかがでしょうか。