Warning: include_once(../common/php/header.php) [function.include-once]: failed to open stream: Permission denied in /home/cafc/public_html/column/theme01/column21.php on line 39

Warning: include_once() [function.include]: Failed opening '../common/php/header.php' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /home/cafc/public_html/column/theme01/column21.php on line 39

問題解決スキル研修を行う効果と意義についてColumn

思考力と問題解決スキルの関係について

思考力と問題解決スキルの関係について

企業研修で問題解決スキルを磨くための時間を設ける企業は少なくありません。
ひとつの判断ミスがその企業の存続に関わる可能性もあります。
行き当たりばったりの対処ではなく、根本となる原因を究明して問題解決をしていく必要があります。
問題解決の力には「忍耐力」「創造力」「協調性」など、通常のトップオーダーの業務とは違い、問題解決にあたる人の力が試されることになります。
企業研修で問題解決スキルを磨くための時間を設ける理由となるのは、問題解決にはプロセスがあるためです。
現状を分析して課題を形成し、目指すべきゴールを設定します。
そして計画を実行して結果を検証していくのがプロセスです。
何かしらのトラブルに直面したときに、根本的な原因が究明されないと、同じトラブルに見舞われる可能性も大いにあるものです。
企業研修で論理的思考力を強くすることで、個人の成長支援につながります。
研修の訓練を通して、問題解決のための思考プロセスや集中力を養えます。
訓練をつむことで、指示待ちの体質から自発的に行動できる人材を育てることが可能です。

4つのステップに従って問題を解決する

4つのステップに従って問題を解決する

問題解決スキルを高めるためには、4つのステップを大切にするのが望ましいです。
問題を特定し、問題を発見するためには、問題の分解と絞り込みが必要になります。
そして、原因の特定をして原因の分析と改善点の分析をします。
最後に効果的な解決案を立案するために選択をするのが一連の流れです。
問題解決の手順と考え方を知らないゆえに何度も同じ間違いをしてしまう人も少なくありません。
論理的思考を強化し、実践に必要となる重要な思考と仮説思考を持ち合わせるのも大切です。
若手や中堅のスキルアップにつながるのはもちろん、マネージャーの指導力向上にもつながっていきます。
企業研修において問題解決に必要となる型を体感できるように組み立てているのも大きいです。