プレゼン資料の作成を強化するドキュメンテーション研修とはColumn

ドキュメンテーション研修とは

ドキュメンテーション研修とは

提案書や企画書など、業務で使用されるプレゼン資料はたくさんあります。
プレゼン資料は単に作ればいいというものではなく、見やすくて伝わりやすいことが重要です。
見やすさや伝わりやすさは業務の成果に影響与えます。
プレゼン資料の作成を強化するためには、企業研修が効果的です。
プレゼン資料の作成を強化する企業研修は、ドキュメンテーション研修と言います。
これは、一目でわかるプレゼン資料をスピーディーに作成できるように強化する企業研修です。
クライアントにも伝えたいメッセージが明瞭に伝わる資料が作れるようになるでしょう。
このドキュメンテーション研修では、構成や文章表現、レイアウト技法、図解作成、グラフ作成スキル、カラーリング、アニメーションなどを学びます。

プレゼン資料は相手にとって見やすいことが大切

プレゼン資料は相手にとって見やすいことが大切

プレゼン資料の作成において、自己中心主義が資料の見やすさを損なう原因の一つです。
自分では格好良い、可愛いように見えてもスクリーンに映すと一般の人は見づらいかもしれません。
そのため、プレゼンを聞く側にとって見やすい資料を作成しなければならないのです。
それは、人に教えてもらわなければ気がつかないこともあるため、企業研修でどのような資料が見やすいのかを学びます。
見やすくなるポイントの一つは配色です。
色を使う割合を意識したことがない人も多いのではないでしょうか。
ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの3つの割合を意識する、まとまった印象を与えるために濃淡を変えるなどの工夫が必要になります。
また、図や文章などのあらゆるオブジェクトを揃えることもポイントです。
適当に揃えるのではなく、種類別に分類しなければなりません。
このように、どのようにしたらプレゼンを聞く側が内容を理解できるのかを考えて作る必要があります。
プレゼン資料の作成を強化する企業研修を行った後は、必ず実践して身につけることが大切です。
例えば、数名のグループを作って、全員の前で発表するなどです。
発表後にフィードバックすることで、プレゼン資料作成のスキルが身につくでしょう。
ドキュメンテーション研修を行い、資料作りに力を入れてみてはいかがでしょうか。