脱ゆとり!「アクティブ・ラーニング」で自ら考え行動する力を育成!

企業研修でリーダーシップ研修を行うメリットとはColumn

リーダーシップに必要な9つの能力

リーダーシップに必要な9つの能力

企業研修でリーダーシップ研修を行うメリットがあります。
これから企業研修を行う予定のある企業や、リーダーシップ研修を取り入れようと考えている企業もあるのではないでしょうか。
まずは、リーダーシップを発揮するための力について知っておく必要があります。
リーダーシップとは、自覚、判断力、課題認識能力、計画立案能力、目標管理能力、リスク認識能力、顧客満足能力、調整力と交渉力、組織運営能力の9つの能力が必要です。
これらの能力は役割、立場によって影響範囲と重視される度合いが異なります。
企業研修でリーダーシップ研修を行うと、これらの能力が身につけさせることができるといったメリットがあるのです。
新人時代からリーダーシップ研修を行うと、仕事の重要性や影響範囲を含めて、仕事の目的を考えさせることができるでしょう。
顧客だけでなく、上司や先輩、同僚に対して気をきかした行動が積極的に取れる人材になります。
特に9つの能力のうち、業務の目的を考える課題認識能力と、他者の視点に沿って業務の進め方を考えられる顧客満足能力が身につくことが期待されます。

それぞれに求められる能力をリーダーシップ研修で身につける

それぞれに求められる能力をリーダーシップ研修で身につける

新人とは言えない2、3年目の若手社員は、リーダーシップ研修を通して、自覚、計画立案能力、目標管理能力、顧客満足能力を身につけさせる必要があり、業務の知識だけでなく様々な知識を身につけることも重要です。
今後も成長し続けられるように、自覚を促しましょう。
中堅社員は、実務の中心となる存在です。
そのため、成果につながる戦術を自発的に考えて、上司に提案していかなければなりません。
課題認識能力や計画立案能力はもちろん、調整力と交渉力、組織運営能力を身につける必要があります。
管理職は、9つの能力を高いレベルで実現できるようにリーダーシップ研修を行いましょう。
管理職によっても段階があるため、それぞれの段階に応じて求められるリーダーシップ力を企業研修で身につけさせることが大切です。
企業研修におけるリーダーシップ研修は様々なメリットがあります。
新人、若手、中堅、管理職などそれぞれに適切な企業研修を行ってみてはいかがでしょうか。