脱ゆとり!「アクティブ・ラーニング」で自ら考え行動する力を育成!

企業研修で企業を支える人材を育てるマネジメント研修Column

利益をつくるのは人材

アパレル業界で欠かせないVMDとは

企業の利益をつくっていくためには、人材が重要な鍵を握っていると言えるでしょう。
企業を支える人材を育成する方法の一つに、企業研修があります。
リーダー層やマネジメント層を中心に、マネジメント研修を行い、企業を支える人材を育成しましょう。
マネジメント研修でマネジメントスキルを向上させると、利益向上や社内風土の改善をすることが期待できます。
企業研修は通常、職務から切り離されて行われますが、企業を支えるマネジメントスキルは職能によって異なるため、職能ごとにマネジメント研修を行うのが理想的です。
しかし、営業や技術、開発、企画などの管理者やマネージャーが一緒にマネジメント研修を行うことも少なくありません。
利益をつくる人材を育成したいと考えている企業は、企業研修を検討してみてはいかがでしょうか。
ただマネジメント研修を行うだけでは、企業に必要な人材に育成することができません。
効果的なマネジメント研修を行うためのポイントを知っておきましょう。

マネジメント研修で行う教育

VMDについて

マネジメント研修では育成に関する知識、スキルアップ、意欲向上のための教育を行います。
知識の教育では、考え方や手法に関する知識を身につけます。
例えば、OJTの進め方や階層別の教育、職能教育が挙げられます。
育成スキルについては、身につけた育成に関する知識を活用して、実際に成長させられるかどうかがポイントです。
意欲向上についての教育は、育成に前向きに取り組み、本心から部下を成長させたいと、意欲的にさせることです。
意欲が低下する部下のパターンを議題に挙げて、対策を議論していく研修が効果的だと言えるでしょう。
リーダー層やマネジメント層同士の悩みも共有することができるため、モチベーション維持の効果も期待できます。
このようなマネジメント研修を行うと、環境の変化に対応できる人材を育成することができるはずです。
組織を管理することができても、現場レベルに落とし込んで的確に状況を判断しながら運営していく能力を身につけましょう。
マネジメント研修を行ったあとは、実践することも大切です。