脱ゆとり!「アクティブ・ラーニング」で自ら考え行動する力を育成!

VMD研修の「VMD」とは?Column

アパレル業界で欠かせないVMDとは

アパレル業界で欠かせないVMDとは

VMDという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
VMDとは、ビジュアルマーチャンダイジングの略称です。
アパレル業界で使われることが多い言葉となっており、視覚に訴えながらお客様の購買意欲を上げるマーケティング手法となっています。
商品を手に取ってもらい、購入してもらうことで売上に繋がりますが、お客様に入店してもらえなければ売上になりません。
どうやってお客様にお店対して注目してもらい、多くの店舗から自店に入店してもらうかが重要になるのです。
そのため、アパレル業界ではVMDは欠かすことができません。
また、VMD研修を行うことによってVMDに対して理解が深まり、VMDの重要性を認識することで、商品を売るための技術が販売スタッフ全員に身につけることができます。
他にも、VMD研修を受けることによって情報の共有や共通言語ができるため、働く上での無駄をなくすことができるでしょう。
VMD研修で販売スタッフのスキルを上げることによって、店舗の売上も良くなるのではないでしょうか。

VMDについて

VMDについて

VMDは、お客様の視覚に訴え購買意欲を上げる手法ですが、3つの要素を組み合わせています。
まず、VPと言われるビジュアルプレゼンテーションで、ブランドのコンセプトやシーズンの商品、新作を視覚的に表現してお客様の印象に残るようにします。
店舗の入り口などの通りかかった人が見やすい場所でVPは展開されるのです。
次に、PPと言われるポイントプレゼンテーションが挙げられ、主力商品などの売りたい商品をディスプレイすることです。
壁面や棚の上など、VPで入店したお客様の目に入るように展開して、お客様の滞在時間を長くします。
最後にIPですが、アイテムプレゼンテーションとなっており、アイテムやデザインなどで商品を分類してお客様が手に取りやすく、見やすく陳列する手法です。
IPが展開される場所として、PPを見て興味を持ったお客様が手に取りやすいように、近くに並べることがポイントになります。
そのため、お客様の購入意欲を促すVMDを活用するためにも、VMD研修を行ってみてはいかがでしょうか。