脱ゆとり!「アクティブ・ラーニング」で自ら考え行動する力を育成!

企業研修で新入社員を育てる体感型研修Column

新入社員に効果的な研修とは

新入社員に効果的な研修とは

新入社員と言っても、高校や大学などの学校を卒業後に社会人未経験で入社する社員と、他社で社会人経験がある中途採用で入社する社員がいます。
どちらであっても新入社員が入社した際には新人研修を行いますが、そのときの研修の一つとして体感型研修に注目しましょう。
新入社員の企業研修は、ほとんどの新入社員は社会人経験がないことが多いため、社会人としての意識や立ち振舞い、マナーなど様々なことを学習してもらうのが目的ではないでしょうか。
新人研修で学び、会社の一員となるという自覚を意識させます。
また、企業理念や事業目的なども、研修を通じて新入社員に理解してもらうことが大切です。
自分が入社した会社を好きになってもらうことによって、退職者も減るでしょう。
社会人として基礎を身につけるための企業研修ですが、今までの座学型の研修では受講者が飽きてしまい、身につかないという問題がありました。
しかし、体感型研修は、一般的に行われている座学型の研修とは異なり、実際に動いて体感しながら学習する研修のことです。
体感型研修で実際に動いて学習することによって、座学型の研修よりも学習効果が高いとも言われています。
答えのある問題を解くよりも、答えの用意されていない問題を取り組むことによって、自主的に学ぶことができる人材を育成することができるのです。
そのため、新入社員の研修には体感型研修を取り入れる企業が増えています。

企業研修における体感型研修の魅力について

企業研修における体感型研修の魅力について

新入社員に向けた研修の目的は、社会人としての意識だけではなく、会社の一員として早く業務をこなすことができるようになることも重要です。
体感型研修を通して新入社員が学生気分を脱却し、実際の現場で学ぶこともできます。
他にも体感型研修は、新入社員同士が一丸となって取り組むことになるため、協調性を育てることができ、新入社員同士の仲を深めることができるでしょう。
そのため、体感型研修が終わった後にも情報や悩みが共有しやすくなるのも魅力の一つです。